正しい電子レンジの替え時を知るための情報サイト

電子レンジの替え時っていつ?

>

電子レンジはどんな仕組みなのか知っておこう!

主要部品のマグネトロンが寿命を左右する

電子レンジはマグネトロンから発生する電磁波によって食物を加熱します。なので電子レンジの寿命は心臓部であるマグネトロンの寿命に大きく左右されます。その一般的目安が2000時間、およそ10年と言われています。
また昨今では単機能電子レンジ以外に電気熱によって調理する「オーブンレンジ」や水蒸気で蒸し上げる「スチームオーブンレンジ」など多機能化・高機能化が進んでいます。各メーカーによるとこれらも同様に10年程度の寿命だと考えて良いでしょう。
但し多機能になれば部品が増えるので故障などのリスクも増えると認識してください。

メーカーの部品ストックは8年程度が一般的です。それ以上ご使用のものに問題が出たら寿命だと考えて良いでしょう。
とは言え筆者のキッチンにある電子レンジは10年以上経ってますが支障なく使っています。
何かあればひとまずHPや電話でメーカーに確認してみてください。

やってはいけない寿命を早める要因は?

まず多いのが調味料などの飛び散りによる内部の汚れを放置する事です。長期間放置すると寿命を縮めるだけでなくそこから煙や火花が出て事故の原因にもなります。焦げ付くと掃除も大変なのでできれば使用後は毎回チェックして清潔に保ちましょう。

水分の少ない根菜などを温めたり調理する場合は発火を避ける意味でも水気を足すことをお勧めします。

空の状態で温めると加熱対象物がないため主要部品であるマグネトロン自体を対象とみなして照射してしまい、マグネトロンの劣化を加速してしまいます。

長時間使用すると食物が高温になり過ぎて爆発を誘発する恐れがあります。

飲料やソースなど液体を高温で加熱すると沸騰したり爆発してラップが吹き飛ぶことがあり寿命を早めることになるので注意が必要です。

アルミホイルやスプーン、金属容器などは発火の原因になりとても危険ですので絶対に庫内に入れて加熱しないでください。


この記事をシェアする